プラセンタサプリは効果が実感できる|飲み方を変えるだけ

植物

現代病といわれる症状

目頭を押さえる女性

昨今では、仕事やプライベートでパソコンや携帯などを使う人は数多くいます。これらの機器を長時間、使用していると、目が疲れてしまいます。さらに、ひどくなると、文字が見えにくい、目がしょぼしょぼするなどの症状が現れます。これらは、眼精疲労の兆候だと考えられます。眼精疲労とは、慢性的に目の疲労を感じる症状の事です。例え、目を休ませても、目の疲労が継続してしまうのです。目が疲れた場合、ほとんど一晩ぐっすり眠れば疲れがとれてしまいます。しかし、眼精疲労ではなかなか改善されないと言う特徴があります。きちんと治療をしないと、頭痛や首・肩のこり、倦怠感、微熱、不眠などの症状が起こります。また、白内障などに繋がる恐れもあるので、早期の治療が必要です。

デスクワーク等で目を酷使している方は、眼精疲労になる可能性が高いです。そのような方は、眼精疲労予防としてビタミンCやビタミンB群を含む食品をお勧めします。ビタミンCには強い抗酸化作用があるので、目が疲れるのを防止してくれる作用があります。さらに、ビタミンB群には視神経の働きを助けて、疲労回復効果があります。したがって、両方の栄養素を多く摂る事で、眼精疲労になりにくくなります。ビタミンCが多く含まれる食品には、レモン、キウイ、ピーマン、豚肉などがあります。それと、ビタミンB群は牡蠣、レバー、マグロ、納豆、バナナなどに多く含まれています。スーパー等でどの食材も手に入り易いので、毎日、こまめに摂取すると良いです。